お電話でのお問い合わせはこちら メールでお問い合せ

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

メニュー
おかもと歯科クリニック 街並み
ボーダー
メインビジュアル

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

鎮静治療

鎮静治療とは?どんなことをするの?

顎関節症とは?

「歯の治療は痛くて不安」「キーンという音が苦手で緊張する」など、歯の治療をするだけで、不安やストレスを感じる人は多いのではないでしょうか?

そんな方に対して、気分を落ち着かせ、不安を軽減する方法として、「鎮静治療」があります。

鎮静治療とは、歯科治療に対する不安や恐怖心を軽減するために、治療の前に行う処置のことで、「精神鎮静法」とも呼ばれます。主に「吸入鎮静法」と「静脈内鎮静法」の2種類に分けられます。

そこで、それぞれの鎮静治療の特徴を紹介します。

吸入鎮静法

吸入鎮静法は全身の麻酔でも使われている、「笑気ガス」と呼ばれるガスを吸い込むことで、気持ちを落ち着かせて、リラックスした気分になります

精神が落ち着いた状態は、緊張による血圧などの変化を抑えるため、高血圧などの病気をお持ち方への負担を軽くします。

また、鎮痛作用もあるため、治療による痛みを感じにくくなります。

静脈内鎮静法

点滴により鎮静剤を血管に注入することで、不安や恐怖が抑えられます

全身麻酔のように意識がなくなることはありませんが、ボーッとしたり、少し反応が鈍くなったりすることもあります。

吸入鎮静法よりも効果が確実で、即効性のある鎮静法です。

鎮静治療の流れ

2つの鎮静治療の流れをそれぞれ紹介します。

吸入鎮静法の流れ

吸入鎮静法

ベッドに仰向けになり、鼻マスクや鼻カニューレといった吸入器具を装着します。

そして、酸素を吸入しつつ、濃度を調整しながら、鎮静の効果がちょうど良くなる程度まで笑気ガスを吸入します。

適切な鎮静効果が確認できれば、必要に応じて注射麻酔などをして、歯科治療を実施します。

治療が終わって、笑気ガスによる鎮静効果が治れば、治療終了になります。

静脈内鎮静法の流れ

静脈内鎮静法

ベッドに横になり、点滴をする静脈を確認して、鎮静剤を注入します。

鎮静の状態を確認しながら、慎重に点滴を行なっていきます。

適切に鎮静された状態になれば、必要に応じて注射による麻酔などをして、歯科治療を行います。

鎮静状態から回復が確認された後に、治療の終了となります。

お口のこと、
なんでもお気軽にご相談ください。

メールでお問合せできます 24時間ネット予約受付中です        
  日祝
9:00~13:00 - -
15:00~18:30 - -

〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉1丁目 11-34

ページトップへ