お電話でのお問い合わせはこちら メールでお問い合せ

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

メニュー
おかもと歯科クリニック 街並み
ボーダー
メインビジュアル

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

虫歯治療

虫歯とは

虫歯とは?

お口の中の細菌が砂糖などの糖をエサにして、ねばねばしたグルカンと呼ばれるものを歯の表面に作り出します。

そこにたくさんの細菌が集まったものを歯垢(プラーク)といい、集まった細菌は酸を出して、この酸で歯の成分が溶け出していき、歯に穴が開いてしまうことで虫歯ができます。

主に虫歯になりやすい場所は、奥歯の溝、歯と歯の間、歯と歯茎の間など汚れが溜まりやすい場所です。加えて、歯並びの関係で歯と歯が重なっているところや、一度治療した詰め物と歯の境目も注意が必要です。

虫歯の進み方と治療法

虫歯の進み方と治療法

虫歯は症状の進み方によって大きく5つに分類することができます。

それぞれの進行状況によって治療も異なってきます。

1.CO(シーオー)

CO(シーオー)

痛みはなく、歯の表面が白っぽく濁ったり、茶色い着色などが見られたりします

細菌が出す酸によって歯の成分が抜け出している状態で、歯に穴は開いていません。

フッ素塗布や適切な歯磨きを行うことで進行を止めることができ、歯を削らずに健康な状態へ戻すことが可能な状態です。

2.C1(シーワン)

C1(シーワン)

初期虫歯が進み、歯の一番表面にあるエナメル質が溶けて歯に穴が開いた状態です。

痛みはなく、麻酔なしで治療ができます

虫歯の部分を削って歯と同じような色の材料で埋めていきます。治療後の見た目もよく、1回の治療で処置が完了します。

3.C2(シーツー)

C2(シーツー)

虫歯がエナメル質の次の象牙質まで進んだ状態で、冷たいものや甘いもので痛みを感じます

局所麻酔をして虫歯を削り、白い詰め物や銀歯などを入れます。

銀歯などは削った後に歯型をとって、後日詰めることになるので最低でも2回は歯医者に行かないといけません。

4.C3(シースリー)

C3(シースリー)

虫歯が象牙質を超えて歯の神経の歯髄まで進んだ状態です。

熱いものや、夜寝ているときにまで痛みが出たりします。この場合は歯の神経を抜いて、根っこの部分の治療が必要になってきます。

根っこの方まで進んだ虫歯菌をしっかりと取り除く必要があるため、治療に時間がかかってしまします。

5.C4(シーフォー)

C4(シーフォー)

歯の根っこの部分しか残ってなく、歯の神経は死んでしまい、痛みなども感じない状態です。ひどくなると根っこの部分に膿が貯まることで強い痛みや、噛むと歯が浮いたような感じがします。

最悪の場合は歯を抜かないといけません。

虫歯を予防するためには

虫歯予防

歯についた歯垢(プラーク)を日頃からしっかりと落とすことで予防することができます。

歯科では、虫歯を初期段階で発見するために定期検診の受診をおすすめしています。また、歯磨き指導や歯科衛生士によるクリーニングも行っており、自分では磨きにくい場所もすみずみまでケアできるようサポートしています。

お口のこと、
なんでもお気軽にご相談ください。

メールでお問合せできます 24時間ネット予約受付中です        
  日祝
9:00~13:00 - -
15:00~18:30 - -

〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉1丁目 11-34

ページトップへ