お電話でのお問い合わせはこちら メールでお問い合せ

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

メニュー
おかもと歯科クリニック 街並み
ボーダー
メインビジュアル

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

親知らず

親知らずとは

親知らずとは?

親知らずとは、永久歯の中でもいちばん最後に生えてくる歯で、「第三大臼歯」や「智歯」とも呼ばれます。上顎と下顎で最大4本生えてきますが、人によっては生えてこない方もいます。

通常、10代後半から20代前半で生えてきます。

「親知らずは全部抜いたほうがいいってほんとう?」「ちょっと痛みのあるまま放置しているければ大丈夫かな?」といった悩みはあるけれど、抜歯が怖くて歯科に行くのをためらっている…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

抜歯が必要なケースって?

抜歯が必要なケース

歯の生えるスペースがない状態だと、普通の歯のように上を向いて生えてこず、横を向いたり、斜めに生えたりすることがあります。また、場合によっては、十分に歯が歯茎から出てこずに、歯茎に埋まってしまうこともあります。

このような状態になると、歯に汚れがたまりやすくなり、親知らずだけなく、周りの歯の虫歯の原因となります。

さらに、歯茎が不衛生になって炎症を起こしやすくなったりします(智歯周囲炎:ちししゅういえん)。親知らずの生え方が悪く、智歯周囲炎を引き起こしているケースやこれから起こすリスクが高いような場合は抜歯が必要になります。

また、親知らずにより歯並びに影響が見られたり、虫歯や歯周病を引き起こしたりするのを避けるために抜歯をすることもあります。

きれいに生えている場合は抜歯の必要がないこともありますので、少し気になっている…という方は、まずはご相談ください。

抜歯を行った後の注意

抜歯後の注意点

親知らずが横向きに生えていたり、歯肉の中に埋まっていたりする場合には、抜歯のときに歯肉を少しだけ切開する必要がります。そのため、親知らずの治療後には、出血や腫れ、痛みを伴うことがあります。

食事は手術後の部分に刺激を与えないように、固い食べ物は避け、おかゆやうどんなどの柔らかい食べ物を食べるようにしましょう

また、飲酒や運動、長時間の入浴など血行を促すような行動は、出血の傾向を強めますので、避けるようにしましょう

なお痛みが強い場合には、痛み止めを処方しています。痛みを我慢したりせず、早めに服用するようにしてください。

お口のこと、
なんでもお気軽にご相談ください。

メールでお問合せできます 24時間ネット予約受付中です        
  日祝
9:00~13:00 - -
15:00~18:30 - -

〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉1丁目 11-34

ページトップへ