お電話でのお問い合わせはこちら メールでお問い合せ

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

メニュー
おかもと歯科クリニック 街並み
ボーダー
メインビジュアル

皆生温泉の歯医者 おかもと歯科

お口全体から地域の笑顔を作る歯医者さん

無痛治療

無痛治療とは?

無痛治療とは?

無痛治療とは麻酔などを使用して、治療による痛みを抑える治療法です。

また、治療時だけでなく、麻酔時に感じる痛みも少なくなるように工夫も行われます。

特に、歯科での治療に対して不安や恐怖を持っている人に対して、いろいろな対応をして、精神的な苦痛も減らして治療をします。

「痛いのが怖くて歯医者に行きたくない…」という方も、最近は痛みをできるだけ無くした「無痛治療」が積極的に行われています。

どうして治療の時に痛くなるの?

痛くなる理由

虫歯の治療や抜歯などの処置は痛みをともなうことは想像しやすいかもしれません。

また、麻酔をすれば痛みがなくなるかもしれませんが、「麻酔の注射が痛くて治療したくない」という方も少なくないでしょう。

また、炎症などが強ければ、麻酔の効果が不十分で痛くなることもあります。

さらには、治療に対して不安や恐怖心が強い場合など、精神的な影響で痛みを感じやすくなる場合もあります。

痛みをなくすための取り組み

痛みをなくす工夫

治療にともなう痛みを軽減するため、歯科では麻酔を用いていますが、注射を刺すのが怖い・痛いという患者さまもいらっしゃいます。そこで、麻酔注射に伴う痛みにも配慮して施術を行っています

注射する部位に表面麻酔をする

注射する部位に、麻酔薬を塗ることで注射針による痛みを少なくします。

麻酔薬のあたためる

麻酔薬が冷たいと痛みを感じやすい場合があります。そのため、麻酔薬を人肌や体温程度にあたためます。

麻酔薬をゆっくり注入する

麻酔薬を注入するスピードをゆっくりして、痛みを感じにくくします。電動麻酔器といって、麻酔薬の注入するスピードを一定にすることができる器具を使用することもあります。

一気に麻酔薬を注入しない

はじめは少量の麻酔液を注入してうがいをし、軽く麻酔が効きリラックスした後に、再度麻酔薬を注射する…と、ゆっくり麻酔薬を注射することもあります。長時間お口を開けておくストレスを軽減し、最初の麻酔が効いた後に薬を注入するため、より痛みを感じにくくなります。

鎮静治療

鎮静治療については、こちらのページもご参照ください。

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)

静脈に鎮静剤を点滴して、気持ちを落ち着かせて痛みを感じにくくします。

笑気吸入鎮静法(しょうききゅうにゅうちんせいほう)

笑気ガスと呼ばれる麻酔ガスを吸入して、不安を軽減して痛みを感じにくくします。

お口のこと、
なんでもお気軽にご相談ください。

メールでお問合せできます 24時間ネット予約受付中です        
  日祝
9:00~13:00 - -
15:00~18:30 - -

〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉1丁目 11-34

ページトップへ